2017-10-17

【報告】すみだ3M運動スペシャルウィーク「革のものづくりと職人の技」ツアー レビュー

 平成29年9月16日(土)にすみだ3M運動スペシャルウィーク工房めぐりツアーが実施されました。今回は「革のものづくりと職人の技」の様子をレポートいたします。
 ツアーの前日には台風接近の予報が出ており、開催が危ぶまれていました。当日はすっきりしないくもり空でしたが、ツアーの実施には影響なく、9名の参加者には革のものづくりの魅力を充分に体験していただくことができました。

 
 まず始めに訪れたのは、両国にある革カバンや革小物を製造している大関鞄工房です。お店を訪れると、目に付くのは扉に書かれた「Squeeze」の文字。「技術を搾ったらホンモノが生まれた」という意味が込められた自社ブランド名です。メイドインジャパンにこだわり、技術や感性、想いを搾りこんで、日々すてきな革製品を作っています。
 ここでは、世界に一つだけのショルダーバッグをつくるワークショップを行いました。大関社長から革バッグの構造やパーツの説明を受けて、参加者のみなさんはパーツ選びから始めます。牛や豚など素材、デザイン、色……組み合わせは無限にあり、迷ってしまいます。パーツを選んだらハンマーを使って留め具で組み立てます。ちょっと力のいる作業ですが、みなさんとても器用に作っていました。
<ショルダーバッグ作り 動画>
 
 出来栄えには満足気で、みなさん自然と笑顔になっていました。バッグが完成すると、大関社長から革についてのレクチャーが始まりました。牛革、豚革、ヘビやワニの革を広げながら、大関社長は語ります。私たちは食べ物、衣服、革小物などを、動物から命をいただいて生活していること、本当に欲しいものを必要なだけ買って、それを大切に使って欲しいこと、壊れたら修理して長く使って欲しいこと、そんな想いを込めながら鞄を作っているとお話ししていました。最後に、出来上がった鞄と一緒に記念撮影をして、次の工房に向かいました。

 続いて訪れたのは工房ショップのSAN HIDEAKI MIHARA(サン ヒデアキ ミハラ)です。9月にオープンしたばかりで、ヨーロピアンな内装のおしゃれな革バッグのお店です。3階建ての1階がショップになっていますが、2階が革職人のシェア工房、3階が革バッグ職人のスクールになっています。今回はスクールの教室をお借りして、すみだの革職人3名による対談を聴きました。3階でバッグスクールを運営するアトリエフォルマーレの校長 大月照雄さん、すみだマイスターに認定されている革工芸作家の山中政江さん、工房ショップ「アトリエアミーチ」を運営する片野一徳さんと、進行役に国際ファッションセンター(株)の萬福有子さんの4名でトークは進みます。
 
 革職人がどんどん減っていく中、各々がスクールや教室を運営されていて、プロの職人を目指す人、趣味で革カバンを作りたい人、それぞれ対象は違っていますが、共通して革製品の魅力やものづくりの楽しさ、技術を伝えたいという気持ちで運営しているとお話ししていました。

 好きな革の話になると、大月さんと片野さんが牛革の魅力を語る中で、山中さんが珍しいアザラシの革を挙げ、アザラシ革で作ったバッグを見せてくださいました。
 
 最後はLEATHER LAB MEW(レザーラボ ミュウ)を見学しました。MEWは、職人対談にも登壇していた片野一徳さんが運営している、革加工に必要な機器を一通り備えたシェアファクトリーです。工房や機械を持てない若手職人を支援しています。
<革トレー作り 動画>
 
 ここでは、「ヌメ革」という素材を使って、小さいトレーを作りました。水で少し濡らすと柔らかくなる性質を使ってトレーの形を作ります。形を整えたらハンマーで刻印を打ちます。
 
 隣のテーブルでは、バッグ教室の生徒さんが革バッグを作っていました。上級コースになると、こんなにすてきなバッグが自分で作れるようになるんですね。
 
 半日という短い時間でしたが、革のものづくりの魅力を体感していただけたと思います。
 「革のものづくりと職人の技」ツアーにご参加くださったみなさま、また、お忙しいところ、ご協力いただいた各事業所のみなさま、どうもありがとうございました。

◆「革のものづくりと職人の技」ツアー見学先
 大関鞄工房→SAN HIDEAKI MIHARA(サン ヒデアキ ミハラ)→LEATHER LAB MEW(レザーラボ ミュウ)→すみだまち処

■工房ショップ 大関鞄工房
■工房ショップ SAN HIDEAKI MIHARA(サン ヒデアキ ミハラ)
■マイスター 山中 政江
■工房ショップ アトリエ アミーチ
■LEATHER LAB MEW(レザーラボ ミュウ) HP
■すみだまち処 HP
■国際ファッションセンター HP

パルティーレ
アウト オブ キッザニア in すみだ
一般社団法人 墨田区観光協会
墨田区伝統工芸保存会
墨田区