「すみだ3M(スリーエム)運動」とは、1985(昭和60)年にスタートした、墨田区の産業PRとイメージアップ、地域活性化を図る事業です。「小さな博物館」(Museum)。工房と店舗の機能を備えた、製造と販売が一体化した「工房ショップ」(Manufacturing shop)。付加価値の高い製品を創る技術者である「マイスター」(Meister)の3つの頭文字をとって「3M(スリーエム)運動」と呼んでいます。3つの運動を有機 的につなぎ合わせ、すみだの優れた産業と生産品が「正当な評価」「より高い評価」を受けることを目指すとともに、ものづくりの素晴しさや大切さをアピールするものです。

小さな博物館

Museum

小さな博物館

墨田区の産業や文化に関する製品・道具・文献等のコレクションを、工場・作業場・民家等の一部を利用して展示しています。

すみだマイスター

Meister

すみだマイスター

すみだを代表する付加価値の高い製品を創る技術をもつ職人で、その技術を普及し、後進の育成に努めている方を認定しています。

すみだ工房ショップ

Manufacturing shop

すみだ工房ショップ

製造現場である工場や工房とそれを販売する店舗が一体となっているお店です。消費者のニーズに即したものづくりを目指しています。

すみだ3M運動イベントの様子

すみだ3M運動について

パルティーレ
アウト オブ キッザニア in すみだ
一般社団法人 墨田区観光協会
墨田区伝統工芸保存会
墨田区