◆小さな博物館 |   くし、かんざし、こうがい等 -  べっ甲・足袋・ちょうちん -  伝統

べっ甲資料館
くし、かんざし、こうがい等

Information written in English is available We have English speaking staff
玄関のわきにあるショーウィンドーがべっ甲資料館。べっ甲工芸は奈良時代から行われてきた伝統工芸技術で、江戸時代には儀式用の装身具として、現代ではア クセサリーからインテリアまで多くの製品が作られ人々に愛されてきました。材料はタイマイという亀の甲羅をもちいますが、良いものが減少しておりその意味 でもべっ甲は貴重なものとなっています。この資料館には、製作に使う道具のほか、くし、かんざし、こうがいの江戸から昭和までのデザインの移り変わりが、 わかりやすく展示されています。館長の磯貝さんは、すみだマイスターにも認定されています。

【関連ページ】
■すみだマイスター「磯貝 一」
■すみだマイスター「磯貝 英之」
■工房ショップ「(株)磯貝べっ甲専門店」
DSC00743 DSC00719

べっ甲資料館

べっ甲資料館

博物館名・氏名・事業者名 べっ甲資料館
よみがなベッコウシリョウカン
Bekkou Shiryoukan
展示内容・技術名称・製造 販売品 くし、かんざし、こうがい等
住所 墨田区横網二丁目5番5号
2-5-5 ,Yokoami,Sumida-ku,Tokyo,Japan
最寄り駅JR両国駅 6分、都営両国駅 3分、都営蔵前駅 6分
バス石原一丁目 3分、本所一丁目 3分
開館日・営業日月曜日から日曜日まで
開館時間・営業時間JR両国駅 6分、都営両国駅 3分、都営蔵前駅 6分
電話番号03-3625-5875
代表者磯貝 一
団体(運営団体)株式会社磯貝べっ甲専門店
Webサイト

アクセス


墨田区横網二丁目5番5号
パルティーレ
アウト オブ キッザニア in すみだ
一般社団法人 墨田区観光協会
墨田区伝統工芸保存会
墨田区