◆小さな博物館 |   明治時代から現在までの雛人形等 -  羽子板・人形 -  伝統

江戸木目込人形博物館
明治時代から現在までの雛人形等

経済産業大臣指定の伝統的工芸品である「江戸木目込人形」に関する博物館です。木目込人形が流行する基礎を作ったと言われる四代目・名川春山氏の作品をはじ め、明治時代から現在に至るまでの雛人形や人形の原型、製作道具や材料、製作工程の解説パネル(英語訳付き)など、約50点を展示しています。
博物館名・氏名・事業者名 江戸木目込人形博物館
よみがなエドキメコミニンギョウハクブツカン
Edo Kimekominingyo Hakubutsukan
展示内容・技術名称・製造 販売品 明治時代から現在までの雛人形等
住所 墨田区向島二丁目11番7号
2-11-7 ,Mukojima,Sumida-ku,Tokyo,Japan
最寄り駅都営浅草線・京成押上線・東京メトロ半蔵門線押上駅 8分
バス向島二丁目 1分
開館日・営業日月曜日から土曜日まで(祝祭日を除く、12月1日から翌3月15日まで休館) <要予約>
開館時間・営業時間午前10時から午後5時まで
電話番号03-3622-4579
体験体験可(要予約)
代表者塚田 進
団体(運営団体)塚田工房
Webサイト

アクセス


墨田区向島二丁目11番7号
パルティーレ
アウト オブ キッザニア in すみだ
一般社団法人 墨田区観光協会
墨田区伝統工芸保存会
墨田区